【書籍】 わら一本の革命 総括編 ー粘土団子の旅ー

本体
価格
2,381(税込 ¥2,571)

世界10か国以上で翻訳され、西洋哲学に衝撃を与えた一冊。

砂漠化が進む世界を緑の楽園に変えるため、福岡正信が種を蒔く。

アフリカ・インド・タイ・ベトナム・・・世界の人々が粘土団子や自然農法を実践し緑の植物が生まれてくる様子を豊富なカラー写真とともに紹介しています。

平成21年2月2日発行・自費出版。全271ページ

◆本文より

「突き詰めれば、ただ粘土団子を蒔くだけ。その中に全てが含まれているんです。こんなことを言うと簡単すぎて、人はかえって疑うでしょう。しかし、繰り返しますが、人間が手を加えるほどに自然はおかしくなる。だから作物や果物を育てるにも、また砂漠を緑化するにも、人間が下手に手を加えずに簡単にやったほうが、結果は驚くほどに素晴らしい。コストも手間もかけずとも、自然は自らの力で自らを育てあげ、私達に豊かさを与えてくれるんです。これは、土と自然の不思議な営みの話ですが・・・・大切なことは、最小のエネルギーを粘土団子に託して与え、自らの力で発芽し根を張っていくためのお手伝いをすることではないでしょうか」

 

 

◆目次

第1章 宇宙観
第2章 宗教観
第3章 自然観
第4章 人間観
第5章 地球緑化粘土団子の旅

 


書籍は、自費出版で販売された初版本を含む

現在では なかなか入手困難なものもご用意しております。

新品ではありますが、約40年ほど前のものなどは

経年劣化や状態の良くないものもございます。

お読みいただくには問題はありませんので

あらかじめご了承くださいませ。


 

本体
価格
2,381(税込 ¥2,571)