ヒノヒカリ

白米 3kg
本体
価格
3,000(税込 ¥3,240)
白米 5kg
本体
価格
4,850(税込 ¥5,238)
白米10kg(5kg×2)
本体
価格
9,700(税込 ¥10,476)
玄米 3kg
本体
価格
2,700(税込 ¥2,916)
玄米 5kg
本体
価格
4,350(税込 ¥4,698)
玄米10kg(5kg×2)
本体
価格
8,700(税込 ¥9,396)

※カートの中身を見るには「ご購入はこちら」ボタンを押してください。
注文ボタンを押す際に、購入アイテム数のご確認をお願いいたします。

※当園では収穫後、機械選別をせずにパッキングしています。そのため玄米の粒の色味は様々ですが、どんな色味のものでも美味しく召し上がっていただけますので、ご安心ください。

太陽のように光輝く―ヒノヒカリ

ヒノヒカリは、西日本で多く栽培されている品種です。

日(太陽)が西日本と九州を表し、お米が太陽のように光輝くようすから名づけられました。

 

粒は厚みと丸みがあるお米です。味・艶・香りが良いため、年間を通しておいしく味わうことができます。粘り気や香りのバランスが良く、さらに弾力もあるため、あっさりしているのに食べごたえがあるのが特徴です。

 

様々なお料理に合う万能米

お米自体の味はあっさりしているので、炊き方を変えることにより食感のバリエーションが楽しめます。料理によって水の量を調整し、お米の炊き方を変えることをおススメします。

 

和食の場合は、少し水を多めにしてご飯を炊きます。そうすると、お米本来のうまみをより一層、楽しむことができます。

チャーハンやオムライスの場合は、少し固めにお米を炊きます。比較的粘りが少ないので、ベタつかないようにパラパラと仕上げることができます。

 

程よい食感で人気の ヒノヒカリの玄米

玄米は、籾(もみ)から一番外にある殻、籾殻を取り除いた状態のお米です。外皮である糠層に覆われているため、茶褐色をしています。

糠(お米の芽となる部分である胚芽と外皮の混合物)が残った状態の為、ぬるま湯や水につけることで、発芽します。また、糠がついている分、ぷちぷちとした歯ごたえが楽しめます。

 

玄米は白米と比べて 5 倍近く食物繊維が含まれているので、しっかり摂取すれば、お通じにも良く便秘解消につながります。

また、抗酸化作用がある“ビタミン E”をはじめとするビタミン類も豊富に含まれており、美肌効果などももたらしてくれます。

 

苦手な方は、白米2に対して玄米1の割合で炊いてみてください。水加減はお好みですが、やや多目に。浸水時間を2時間以上もうけたら、通常モードで炊飯するだけで美味しくいただけます。


◆玄米を炊くポイント

炊飯器に玄米モードのある方は簡単に炊くことができます。

ない場合は、水分量を玄米の量の 1.5〜2 倍にしてください。

おいしく炊くコツは、玄米は白米よりも吸水しにくい為、浸水時間を十分にとることです。(夏場:12時間以上 冬場:24時間以上)浸ければつけるほど、芯からふっくらとしたお米に炊き上がります。特に冬場はしっかりと浸けましょう。


ゆるやかに時間をかける理由

機械乾燥が多い中、私たちは天日干しにこだわっています。刈り取ったばかりのお米には、およそ 20%もの水分が含まれています。そのままではカビや傷みが発生してしまうので、出荷までにお米をしっかり乾燥させる必要があります。ゆっくりと乾燥を進めることで、ひび割れや傷みのないお米ができあがり、炊いたときの香り・コシ・つやが素晴らしい状態に仕上がります。


◆天日干しのポイント

お米を収穫したあと、太陽と風によって じっくりと時間をかけて乾燥をさせるのが、「天日干し」の伝統製法。籾(もみ)が稲についたまま、籾を下にして干すことを言います。 その間に稲わらの養分も吸収し、ゆっくり乾燥させることによりストレス無く乾燥が進みます。


 

 

白米と玄米、それぞれ 3kg と 5kg をご用意しております。

こだわり仕上げのヒノヒカリを、ぜひお召し上がりください。

白米 3kg
本体
価格
3,000(税込 ¥3,240)
白米 5kg
本体
価格
4,850(税込 ¥5,238)
白米10kg(5kg×2)
本体
価格
9,700(税込 ¥10,476)
玄米 3kg
本体
価格
2,700(税込 ¥2,916)
玄米 5kg
本体
価格
4,350(税込 ¥4,698)
玄米10kg(5kg×2)
本体
価格
8,700(税込 ¥9,396)

その他のオススメ商品