• 農園だよりバックナンバー

農園だより 2020年8月号

 

 

秋の実りを迎えるための、夏のおしごとの一つが草刈りです。

 

私たちは、伊予市の山でいろいろな果樹を育てています。日差しが強くなる夏の間、ぐんぐんと生い茂る草たちを刈るのが仕事の一つ。農薬を使わないわたしたちの農地は、たくさんの生き物たちが暮らしています。とても静かですが、“にぎやか”なのです。7月のある日、自宅から近い急斜面の草刈りをしました。ここは、もともとご近所の方の畑でした。私たちが実践している「自然農法をやりたい」とお願いされ、協力しはじめました。あるじ亡きいまも、意志と畑を受け継いで、ここでレモンを育てています。転がり落ちそうなぐらいの急斜面は、何をするにも大変ですが、樹木たちはまんべんなく、太陽の光をたっぷりと浴びて、おいしい実が育ちます。あと一ヶ月もすれば収穫を迎えるレモンは、春先に花を付けたもの。半年かけてゆっくりと育った実を、みなさんにお届けできる日がとても愉しみです。

 

カートに商品がありません。