• 農園だよりバックナンバー

農園だより 2022年4月号

私たちの想いと春夏秋冬

 

私たちは、農作物を通じて日々自然と向き合っています。またそれは、農作物・農園を取り巻く樹々・そこで働く人たち・そして皆さまの命と向き合う時間でもあります。

 

祖父・正信、父・雅人、私へと時代が移り変わってもいつも大切にしているのは、地球環境についての普遍的なテーマを農業というフィルターを通じて、「日々学び、伝える」ことです。

 

日常の他愛のない話や行動は、とても大切です。

平静の中で俯瞰を大切にし、自然に身を委ねながら、自然の意味を紐解く。

何気ない風景・日常に垣間見える小さくて大きな自然を知るきっかけとなります。

 

今年も甘夏のハイシーズンを迎えました。

ただこれも終わりの始まりで、来年にはまたあらたな表情で私たちを迎えてくれます。

たわわに実った甘夏は、あらたな循環。

 

そういえば、アメリカ・ジョージア州のとある州立図書館から登壇の依頼がきました。

もちろん、実際に訪米するのではなくオンラインによるものです。

それは、福岡家が紡ぐ自然農法を通じて、私たちが「何を考え、何を想うのか」を知りたいという内容でした。

 

春は、麗しい桜に心が躍り

夏には、元気いっぱいの虫たちが戯れ

たわわに実ったお米の息吹が聞こえる秋

そして冬は、柑橘のリズムが愛おしい。

 

あいもかわらず動植物たちの表情を楽しみながら、私たちの今日はいつも通りマイペースです。

カートに商品がありません。