【書籍】 百姓夜話

※クール便対象商品と同一カートでご注文の場合、クール便にて同梱配送されます。
同梱を希望されないお客様は、それぞれ個別でのご注文をお願いいたします。

¥2,200 (税込)

¥2,200 (税込)

在庫あり

  • こちらの商品はオンラインショップ(奈良県)より発送します。

「無の哲学」の原点

人はどこから来て、どこにいてどこへ行こうとしているのか。
正信が追及した「無の哲学」の原点にもなった、処女作(1958年刊)の新版です。
福岡自然農法に至る軌跡を垣間見れます。

正信の孫 福岡大樹があとがきを執筆しています。

発行日:2017年5月24日 ISBN:9784393741429
全328ページ

 

自序

第一部 百姓夜話



労働
時間と空間
病気

愛憎
芸術
認識
智慧
知る
生と死
価値
1/衣の価値
2/食の価値
3/住の価値

第二部 自然農法

百姓と哲学
科学的農法
自然農法
1/不耕起論
2/無肥料論
3/無除草論
4/無剪定論
結論
自然農法による果樹栽培
開園
管理
クローバーによるミカン園の草生栽培
緑肥の種類と特性
ラジノクローバーによる草生栽培
クローバーについて想う
クローバーのもつ意義
自然農法による米麦作
米麦作を水田に作る
米麦連続不耕起直播
麦作
稲作
自然農法の道


 

 

¥2,200 (税込)

¥2,200 (税込)

在庫あり

  • こちらの商品はオンラインショップ(奈良県)より発送します。

その他のオススメ商品

カート