「美生柑の果実酒」美生柑ナチュレル 2023.2

「美生柑の果実酒」美生柑ナチュレル 2023.2

名称
美生柑ナチュレル 2023.2
その他
※アルコール度数:5.5%

※酸化防止剤無添加(SO2フリー)につき、14度以下での保存をお願いします。

※フィルターをかけていないため澱が含まれる場合がありますが、健康上の問題はありませんのでご安心ください。

¥2,750 (税込)

オプション

紙袋、メッセージカードをご希望の場合はこちらからお選びください。

備考

メッセージカードの内容をご記入ください。(50文字まで)

500ml
¥2,750 (税込)
  • 20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。
  • こちらの商品はオンラインショップ(奈良県)よりクール便(冷蔵・別梱包)にて発送します。
  • ※酵母が生きているため瓶の中で発酵がすすみ微発泡になる可能性があります。
  • ※妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
  • 商品に関するご質問などお気軽にお問合せください。
    TEL. 0744-34-7271 (月~金曜 9時~17時)

初めてのご案内。グレープフルーツの香り高さが印象的な、美生柑の果実酒

美生柑(みしょうかん)は、さわやかな香りと上品な甘酸っぱさが魅力で「河内晩柑」「宇和ゴールド」など、さまざまな呼び名で流通している柑橘です。

そんな当園の美生柑を使い、亜硫酸を一切使用せず、白ワインと同じ製法で醸造した「美生柑の果実酒」。

2023年は比較的温暖な地域である愛媛県も大雪に見舞われる寒い冬となり寒害を受けました。厳しい寒さに耐えた果実は苦味がストレートに感じられる、大人な印象の果実へと実りました。フローラルな香りが印象的な、ほどよい酸味が特徴の味わいです。

※酵母が生きているため瓶の中で発酵がすすみ微発泡になる可能性があります。

「美生柑の果実酒」美生柑ナチュレル 2023.2

世界的な自然派ワインの醸造家により、果物からお酒へ

柑橘王国・愛媛の穏やかな気候風土の中、農薬・化学肥料を一切使わない自然農法で育った美生柑が果実酒に生まれ変わりました。美生柑は春に開花して実をつけた状態で越冬させ、春先の3月以降に収穫する柑橘です。美生柑の果皮はグレープフルーツに似た黄色をしており、果肉は淡い黄色で、水分量が多くジューシーなのが特徴です。香りが良く、さわやかな酸味で上品な味わい。和製グレープフルーツとも呼ばれています。

新し味わいの愉しみ方をご提案したいー。そんな夢を託したのが、本場フランスでも高い評価を受け、世界の一流レストランも認めた自然派ワイン醸造の第一人者である日本人醸造家・大岡弘武氏です。わたしたちの農園の初代・正信が実践してきた自然農法や考え方に共感し、ワインづくりをしているという背景があると知ったからでした。

白ワインと同じ工程で丁寧に仕込みました。

寒波の中、力強く育ったエネルギッシュな美生柑を一つずつ半分に切り、ジュースを絞り、荒めのザルで濾したのち、ゆっくりと熟成させました。

わたしたちの農法と通じる、余計なもの、不要なエネルギーを加えない手法で生み出された果実酒。グレープフルーツのような強い酸味や苦みが少ないため、やわらかな味わいを好まれる方におすすめです。フローラルな香り高さが印象的で、日常や特別なシーンを華やかに彩ります。

世界的なワインの醸造家・大岡弘武氏が手掛けて4年目の最新作、普段ワインを楽しまれている方にも手に取っていただきたい、渾身の逸品です。

 

「美生柑の果実酒」美生柑ナチュレル 2023.2

自然派、果実酒と亜硫酸。

ワインの酸化を防ぐために、ほとんどに使用されている亜硫酸。

エタノールは酸化するとエタナールとなり、これらと亜硫酸は結びつき、ポリフェノールや香りなどを酸化から守る役割を果たします。

ですが、添加することで柑橘が自然に発酵して出来た、自然派果実酒のいちばんの特徴である「飲みやすさ」が固くなってしまい、味わいが重たくなるデメリットがあります。

喉からスッと溶け込むように身体に入る美生柑ナチュレルは、亜硫酸無添加(SO2フリー)で製造されているから。

飲んだ翌日に頭痛がすることもありません。

柑橘とのバランスを最大限に活かし追求するために私たちは亜硫酸を添加せずに造っています。

 

「美生柑の果実酒」美生柑ナチュレル 2023.2

お好みのアレンジで香りを愉しむ。

柑橘酒といえば、一般的には砂糖や香り、アルコールを人工的に加えるものがほとんどですが、美生柑ナチュレルは一切の添加物を加えておらず、アルコール度も5.5%と低めで幅広い方におすすめです。

十分に冷やして口にふくめば、爽やかな柑橘の香りが口いっぱいに広がり、少しずつ花のようなフローラルな香りの余韻へと変化します。程よい酸味で甘味が少なく、食後の締めやバターを使ったお料理とのマリアージュも美味しく召し上がっていただけます。香りの良さを生かして、炭酸と割ってスプリッツアーのようにアレンジしたり、柑橘を添えるなどお好みの飲み方でお楽しみください。

 

正信の時代より守り、受け継ぐ農法で果樹を大切に育て、醸造の技術で果実本来が持つ自然の力を最大限発揮できるよう手を差し伸べる。そんな作り手同士のリレーで作り上げた、自然派の新たな味わいの一品を、どうぞご堪能ください。

 

「美生柑の果実酒」美生柑ナチュレル 2023.2

「自然派ワイン」とは?

「自然派ワイン」に明確な定義は存在しませんが、一般的には次のような基準があげられます。

・有機農法や自然農法で栽培された果実を原料とする

・亜硫酸を使用しない、もしくは微量の使用

・天然酵母により発酵

・濾過しない

※「無添加ワイン」とは、加熱滅菌しフィルターで澱や酒石を取り除いたもの。

自然な環境下で栽培された原料を使用し、人為的・化学的な工程を醸造に極力反映させない自然派ワインは、「可能な限り自然に寄り添い、自然の力を存分に引き出したワイン」といっても過言ではありません。

 

 

自然派・甘夏の果実酒を美味しく召し上がっていただくために

・温度変化に気を付けて

酸化防止剤無添加のため、14度以下で保存しましょう。

・少し時間をおいてから愉しむ

輸送中に揺られ、瓶の中は不安定な状態。できれば到着後は2、3日程度立てた状態で冷蔵保存してください。

・グラスに注ぐ際はゆっくりと

フィルター濾過をしていないため、澱が沈殿する場合があります。ボトルの傾きに気を付けてグラスにゆっくりと注ぎましょう。
フランスではシャーベットにも使用される澱。それをたくさん入れた状態で醸造しています。
澱が下部に沈殿している状態でまずは試飲。そのあとゆっくり拡散してから再度お楽しみください。

 

大岡 弘武 プロフィール

「美生柑の果実酒」美生柑ナチュレル 2023.2 ■1974年 東京生まれ

■1997年 明治大学理工学部卒業、同年ボルドー大学醸造学 DNO(醸造士コース)入学
■1999年 同大学を中退、ボルドーBTSA(醸造栽培上級 技術者養成校)に入学、2001年同資格取得
■1999年〜2002年 ギガル社でエルミタ ージュ地区栽培長
■2002年〜2006年 ドメーヌ・ティエリー・アルマンの栽培長を務める
■2002年 ラ・グランド・コリーヌ社を設立、フランスにおける日本人の個人ワイナリーのパイオニアとなる
■2013年 『ニューヨーク・タイムズ』(世界版)に取材を受け、世界の一流レストランでワインが採用される
■2016年 帰国。ラ・ グランド・コリーヌ・ジャポン社を立ち上げ、岡山県で葡萄栽培とワイン醸造を開始
■2021年 一般社団法人おかやま葡萄酒園 を設立
■現 在 日仏でワインづくりのコンサルティングを行う

 

■訳 書「実りの言葉」(ラ・グランド・コリーヌ・ジャポン、2017年)
■著 書「大岡弘武のワインづくり 自然派ワインと風土と農業と」(エックスナレッジ、2021年9月)

¥2,750 (税込)

オプション

紙袋、メッセージカードをご希望の場合はこちらからお選びください。

備考

メッセージカードの内容をご記入ください。(50文字まで)

500ml
¥2,750 (税込)
  • 20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。
  • こちらの商品はオンラインショップ(奈良県)よりクール便(冷蔵・別梱包)にて発送します。
  • ※酵母が生きているため瓶の中で発酵がすすみ微発泡になる可能性があります。
  • ※妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
  • 商品に関するご質問などお気軽にお問合せください。
    TEL. 0744-34-7271 (月~金曜 9時~17時)

その他のオススメ商品

カートに商品がありません。