乾しいたけ

¥1,200

100g×1袋
本体
価格
¥1,200 (税込 ¥1,296)

こちらの商品は福岡正信自然農園(愛媛県)より直送します。

のびのび育つ原木しいたけ

木漏れ日が差し込む森の中、小鳥の声を聴き、木陰で休むようにのびのびと育つ。
それが、当園の原木しいたけです。

 

原木しいたけとは、自然に栽培されたしいたけのことです。森から木を伐り、その木を原木にして菌を埋め込み、長年自然農法を行ってきた森に並べて育てています。しいたけは、デンプンが好物なので、ドングリがなる木のくぬぎやナラの木を主に使っています。

 

古来、しいたけは、栽培するのではなく、森の中の木に自然に菌が着生して発生していました。その自然の環境に近い状態で栽培する原木しいたけは、気候や置く場所、湿度によって風味や大きさがかわります。みんなそれぞれ、思い思いにのびのびと育ち、大小さまざまです。私たちは、それが原木しいたけの魅力と考えています。

その原木しいたけから、乾しいたけを作りました。
昔ながらの原木しいたけを、少なくても2日間は天日干しにして仕上げています。お天気の良い日、さんさんと太陽の光を受けると、栄養価もぐっと上がります。豊かな自然環境の中で、乾しいたけを仕上げています。

自然の恵みがギュッと濃縮されている、絶品の乾しいたけです。

乾しいたけに豊富に含まれている「グアニル酸」は、グルタミン酸・イノシン酸と並ぶ3大旨味成分の一つで、生のものには含まれておらず、乾燥過程で生成されます。「グアニル酸」はしいたけ特有の成分「エリタデニン」と協力し、血小板の凝集を抑えて血流をスムーズにする働きがあるとされており、生活習慣病を予防する効果が期待できます。
乾燥することによって、旨味だけでなく栄養素のほとんどが大幅に高くなります。一例として、妊娠中に積極的に摂取したい葉酸は3倍以上、おなかの調子を整える食物繊維は7倍以上、骨の成長に欠かせないビタミンDはなんと30倍以上もアップすることが確認されています。
出典:文部科学省 日本食品栄養成分表 8.きのこ類

乾しいたけの正しい戻し方をご存知でしょうか?

少し時間はかかりますが、しいたけが浸かるぐらいの冷水でひと晩かけて戻すと、香りや旨味成分を壊すことなく引き出すことができます。戻し汁にもたくさんの栄養素を含んでいますので、スープや炊き込みご飯などの料理に美味しく活用していただけます。旨味をしっかり生かすことにより、塩分を抑えても美味しく食べられるので減塩対策にもいかがでしょうか。
製氷皿に入れて冷凍保存しておくと、使いたいときにいつでも使えて便利です。

乾しいたけは元来、ハレの日のご馳走でした。

昔は献上品にも使われていたという乾しいたけ。江戸時代に入ってから徐々に一般市民の食生活にも組み込まれてきましたが、正月や節句などハレの日のご馳走に限られ、汁物や煮物などに使われました。華やかな御節料理やちらし寿司に、乾しいたけは欠かせない彩りだったのです。

 

乾しいたけ おススメの楽しみ方
揚げ物…戻したしいたけを天ぷらやフライにすると、生とは違うしっかりした歯ざわりと香りが楽しめます。
含め煮…味わい深い出汁をたっぷり吸った含め煮は、噛み締めるたびに風味が広がります。
炊き込みご飯…戻し汁もすべて使って、余すところなくしいたけを味わってください。
餃子…細かく刻んで入れると、他の具材と調和して独特の香りが和らぎます。
ミートソース…戻し汁と、炒めたみじん切りのしいたけを使うことで深みのあるソースに仕上がります。

 

大自然に育まれた当園の原木乾しいたけは、味わい深い絶品です。ぜひご賞味ください!

¥1,200

100g×1袋
本体
価格
¥1,200 (税込 ¥1,296)

こちらの商品は福岡正信自然農園(愛媛県)より直送します。

その他のオススメ商品

カート